耳カスが大変??

昨夜のこと、小学2年生の長男がお風呂から出てくると、「耳がゴソゴソしたから、指で耳をホジホジしたら、耳カスが取れたんだよ~」と、ちょっと得意げに言いました。

耳そうじは、私が定期的にしていますが、長男は耳そうじが苦手で、くすぐったいだの、痛いから嫌だの…
結局、いつも途中で終わってしまう感じでした。

しかし、スイミングをならっているので、そうそう耳そうじをせずに見過ごす事もできす、気休め程度に2習慣に1回程度はやっていました。

手前の方の耳カスはとっていたので、さほど気にすることはなかったねですが、ちょっと気になり、寝る前に耳そうじをしてみました。

少し耳カスがあるなぁ~と思い、耳かきが届いたので、ちょっとひっぱってみると、にょろ~と出てきました??
5センチくらいの長さで、木の皮のように、カチコチな耳カス??
ビックリです??
自分の耳カスではもちろん、子供たちのでも見たことがない大きさです。

私だけでなく、当の長男もビックリです??
さらにみると、中にまだ詰まっていたので、軽くひっぱってみると、またまた出てきました!
いつの?って、またまた大騒ぎでした。

父さんが来た!

先月の三連休は、母さんがやって来ました。
娘が産まれてから2回目のお泊まりです。
毎日毎日、育児と家事に追われてクタクタだった私には、まさに救世主でした。
娘の服やオモチャ、ミルクにおしゃぶりを買って貰いました。
おかげで娘にオモチャを持たせると楽しそうに振って遊んでくれます。
家事をしている間に娘を見てもらえたので、洗濯を干すのが楽でした。

そして11月の最後の休みは父さんがやって来ました。
何を隠そう、私は大のお父さんっ子です。
なので、父さんが泊まると聞いたときは凄く嬉しかったです。
しかし旦那は休みが少ないので、ちょうど休みの日に父さんが泊まると言うのが嫌みたいでした。
ですが、いざ父さんがやって来ると、夜に二人で仲良く話をしながらお酒を飲んでいました。
旦那は久々のビールに焼酎だったので、とても美味しそうに楽しそうに飲んでいました。

私はと言いますと、娘の面倒も父さんが手伝ってくれたので今回も家事が楽に進みました。
やっぱり経験がある分、子供の面倒はお手の物だなぁとしみじみしました。
抱っこも上手ですし、泣き声でミルクなのかオムツなのか眠いのかが解り私に教えてくれました。
その域になるには、私はまだまだ先な気がします。

最近の趣味

私の最近の趣味は、服を作ることです。
とは言っても、立派な服は作れるわけもなく趣味の一環としてなので、売り物にはならないようなものばかりです。

もともと、裁縫はわりと好きなタイプで、子供が産まれたのをきっかけに服を作るようになりました。

妊娠中の頃から、赤ちゃんのスタイや、おもちゃを少しずつ作れるようになり、これくらいなら楽しんで作れるなと思い、小物などは、ちまちまと作れるようになりました。

色々作ってくうちに、服を作ってみたくなり、現在一歳になった娘のために、服でも作るかと思ったのが始まりです。

自分で服を作るメリットは、自分の好みで作れるということ。
完全オリジナルな物ができあがるということです。

可愛い娘のためなら、せっせと作れます。
デメリットは、時間がかかるのと、仕上がりが少し雑なところです。

最初は簡単なワンピースやサロペットなどでしたが、少し形のこったブラウスや、フリル付きのボトムなど、色々作れるようになってきました。
今はダッフルコートを作っている最中です。
作るのは難しいですが、これを着る娘の姿を想像すると、楽しく作れるので、趣味を、満喫しています。

高校の文化祭の思い出

昨日は母校の文化祭だったようなので、その頃の思い出を書こうと思います。

私の母校の文化祭は1年がお化け屋敷などの出し物もしくは校門のゲート作り、2年が舞台発表、3年が食べ物の出店を担当、その他部活の催し物をするといった形でした。

いろいろと思い出はありますが、中でも3年の文化祭がやはり最後ということもあり一番心に残っています。

私たちのクラスはハンバーガーショップをやりました。
メニューは焼肉バーガー、フルーツバーガー、抹茶アイスパフェの3つ。
担任が政治経済の教師ということもあり、なんとか利益を出そうと作戦を立てた結果かなりの利益が出ました。
当日は大行列で調理をするのは大変でしたが、「ありがとう、おいしかったよ」と言ってもらえた時はとても嬉しかったですね。

また、競技かるた部に所属していたのでその催し物のお手伝いもしました。
百人一首にまつわる展示を行なったり、昼からは競技かるたを体験してもらうイベントを行ったりしました。
イベントの司会を担当したのですが、緊張してなかなか上手く喋れませんでした。
でも無事に終わったあとの達成感は大きかったです。

ラストの全校生徒参加の閉会式ではのど自慢大会や全校での大カラオケなどで大盛り上がりしました。
中でも全行程終了後の3年生だけで余韻を楽しむ会はクラスの垣根を越えたバカ騒ぎであれが今から思えば一番楽しかったのではないかと思うほどです。

今年は大学の部活と被って行くことができなかったですが来年は行きたいなあと振り返り書きながら懐かしくなりました。

バンド仲間

4年ぶりくらいに昔やってたバンドメンバーとの飲み会がありました。

6人メンバーだけど2人欠席。

当時だいたいが学生だったのに今やすっかり社会人になって大人になったなぁーと実感。

私ともう一人は結婚して子供もいて、なんだかあの当時ばかやって騒いでいたことが嘘のようでした。

私はまだ授乳期だからお酒は飲めず……残念。

バンドをしていた当時は練習のあとは必ず飲みに行って、なぜか飲み比べが始まったり、そのせいでメンバー同士が喧嘩したり(笑)とりあえずいつも騒がしかった気がする。

私は音楽がほとんど初心者で、たまたまボーカルが抜けたからって誘われたことがきっかけで始めて、みんな本気で音楽できる人たちだったから正直こんな素人が入って良いのか不安だったけど、飲み好きのバカ野郎たちだったから助かった(笑)
みんな年が近かったし、お酒好きという素敵な共通点があるからすんなり仲良くなれたなぁ。

ステージ上ではテキーラ飲んだり、飛び跳ねて躍り歌ったり、本当に楽しかったな。

次はメンバー全員で集まれるといいな。
その時は私も授乳期終わってお酒が飲めますように。

アギーレジャパン

ワールドカップという本番のステージで、一勝も挙げられないという苦渋から4ヶ月。

夢を見れた期間は短く、とても儚かった(笑)
大会終了早々、監督も新たに、新生日本代表が始動し、2ヶ月が経過しています。

私は、日本は世界の中堅クラスなんじゃないかと思っています。

強いです、日本。
ワールドカップ初出場から連続出場を果たし、徐々に強さが増している印象です。

でも勝てない、それがワールドカップ。

夢を見させてくれるあの舞台。

結果を出せる強さのための勝手な意見を申し上げると、今後の国際親善試合、別名キリンチャレンジカップでの対戦国は、是非とも中南米中心で組んで頂きたい。

興行ではない、強化な試合を。

極端な話、親善試合全敗でも、チームの強化を。

親善試合で一勝もできないなんてのは現実的な喩えではないけど、監督更迭とかになってしまうだろうし。

それでも、日本と同レベルの中米を抑えられたら、本番で結果を出せるのではないのかな、と思って。

来年早々からチャレンジカップではない「本番」が始まります。

サッカー日本代表ファンとして、結果を信じ、応援したいと思います。

こいのぼり

今年は長男にとって、初めての端午の節句です。
私自身一人っ子で、今まで、子どもの日は柏餅を食べるくらいしかイベントがなかったのですが、今年は長男のために鯉のぼりを飾ることにしました。

 せっかく飾るのだから、見栄えの良いものがいいだろうと、あっちこっちの店を覗いたり、インターネットで検索したりして吟味に吟味を重ねて購入しました。

 そしてさっき、その鯉のぼりが届きました。
わざわざ大安の日に指定日配達してくれるなんて嬉しいなぁと思いながら箱を開けました。
すると、もう本当に立派な鯉のぼりが入っていて、テンションがマックスに上がってしまいました(笑)
 早速泳がせたいところですが、支柱を組み立ててからでないと上げれません。

おまけに、握力が弱い私がボルトを締めて、後から支柱が倒れたりしても怖いので、夫の帰りを待つことにしました。
早く泳がせて、家族で記念写真を撮りたいです。

はじめての運動会

昨日はこの4月に入園した息子の初めての運動会でした。

入園してから今まで、泣くことも、保育園を嫌がることも全くなかった息子ですが、昨日は大勢の人に圧倒されたのか、顔が強張っていました。

開会式では、私から離れることを嫌がり泣き、何とか先生に抱っこしてもらっての開会式スタート。

次の年少さんのかけっこでは、みんなが元気よく名前を呼ばれ返事をする中、息子は俯き、スタートの合図で泣きながら先生に手を引かれ、「かぁか~…」と叫びながら走りました。

今日の運動会はきっと一日中こんな調子かなと諦めていましたが、次の私との親子競技の時に調子を取り戻し、それからはお遊戯も他の学年の子どもたちとの競技も笑顔ですることができました。

頑張り屋でとってもシャイな息子…号泣しながらのかけっこは私も何故だか涙が出てきたけど、ある意味いい思い出になりました。

ありがとう、息子よ。
そして本当に本当によくがんばったね。
かっこよかったよ。

ガス会社の対応に感激

今までひとり暮らしをしていた時は、都市ガスを利用していたため引っ越して初めてプロパンガスを利用することになりました。
すると、ガス代の高さに驚愕。
使い方は変わりませんが、今までの倍は間違いなく金額が上がっています。
ほとほと困って偶然ガス料金の請求書に同封されていたアンケートに悩みを書いて送付しました。
正直、ガス会社に愚痴を言いたかっただけですが、なんと忘れた頃にガス会社の方が訪ねてきました。
アンケートを読んでサービスの提案に来てくださったのです。
担当者の方に現在の使用状況を伝え、どのような使い方をすれば節約になるかも教えていただきました。
愚痴を書いたことが恥ずかしいやら、気まずいやら…。
小さなアンケートに目を通し、細やかに対応してくださったことに感激しました。
都市ガスにはできないメリットですね。
賃貸のため、勝手にガス会社を変えることもできず不満に思っていましたが、気分一新して上手にガス代と付き合っていきたいと思います。

勉強熱心な私。

地味でブスな私は努力していた。

鏡の前で笑顔の練習をしたり、付けまつ毛をより自然に着ける練習や、アイラインをハリウッド女優ばりにオーバーにひいてみたり、、
とかでは無く、草木も眠る丑三つ時までインターネットでサイト構築やネットショップ作成、SEO対策などを毎日毎日勉強した。

見た目で貢献出来ないなら、仕事の出来る部下、従業員になろうと努力した。

何も出来ないブスの私が仕事の出来るブスになった。

社長にも役職をいただき、一応上司に指示出来る位の力がついた。

なのに仕事が出来るブスになってしばらくした後から急に上司の超絶美人からいじめられるようになった。

というより完全無視である。

朝の挨拶もないまま、耳にイヤホンをはめて、事務作業に入る超絶美人。

私は一応挨拶はするがシカトされる。

どうしたものか、これじゃあ仕事の指示も出来ないので社長に言い付けた。

なのにこの超絶美人は仕事の指示も聞かないし、また一日中イヤホンつけて音楽を聞いているのである。

どうしても後輩の言う事は聞かない!という意思表示なのだろうか。

最近ふつふつと怒りが湧いてきているのでいい作戦を夜中までネットで勉強している私である。

(作戦勉強中なので仕事の勉強はしてないです。
)